八重歯とは叢生(乱杭歯)の一種で、上顎の犬歯の生えるスペースがなくて、その前後の歯に重なって生えてきます。
左右一緒の症状として出ることが多いものです。

八重歯の治療法

八重歯の矯正治療は、八重歯だけを治療するのではなく、前歯全体の状態も改善し、
キレイに整った歯並びに治します。治療法もいくつかあり、抜歯して歯の位置をずらす方法、
歯のサイズを小さくする方法、顎を大きくする方法(床矯正)
などがあります。
また、健康な歯を抜きたくないという方が多いため、抜歯をせずに歯を奥へ動かす方法もあります。
抜歯せずにキレイな歯並びとバランスのいい噛み合わせを得ることができれば、それが一番良い方法でしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-

八重歯の抜歯は?

八重歯のように外側に出張っている歯や内側に引っ込んでいる歯があると、
歯磨きをするときに歯ブラシで磨きにくく、汚れがたまったままになると、虫歯や歯周病の原因になってしまいます。
その歯ばかりでなく両隣の歯までも巻き添えとなりかねませんので、早めの治療が必要です。
歯と歯の重なりの程度がそんなに大きくなければ、抜歯せずに歯を並べることができます。
ただし、凹凸の程度が大きければ、普通は第一小臼歯を抜歯することになります。
子供の場合、抜歯の必要性は成人に比べて低く、抜歯したくないとの考えをもっているならば、
早めの治療開始が必要です。ですが、全てのケースにおいて抜歯をせずに矯正治療できる保証はありません。
抜歯せずに矯正治療を、との考えをもつ歯科医院も多いですし、早めに歯科医に相談した方が良いでしょう。

八重歯と犬歯

現代人の顎は発育が悪く、小さいといわれています。そうすると、歯の生えるスペースが足りなくなり、
乱杭歯のような歯並びになってしまうのです。犬歯は、噛み合わせ全体を守る重要な役割をしています。
乳歯から永久歯へと生え変わる際、上顎では犬歯が最後に生えるため、八重歯になりやすいのです。
顎が小さくても歯の大きさが小さくなることはありません。顎が小さい上に、ほかの歯より遅く生えてくる犬歯が
歯列からはみ出し、重なったような凸凹の歯並びになってしまうのです。可愛らしいというイメージのあった八重歯。
ちょっとした時に見え隠れするのがいい、との声もあるようですが、審美的観点での歯並びや、噛み合わせ、
それによる頭痛や肩こり、虫歯や歯周病、いろんな問題があるのです。現在では、八重歯の治療をする方が増えています
美意識ももちろんのこと、自分の身体の「健康」を考える人が増えたことは、とても良いことではないでしょうか。