加齢や生活習慣、遺伝など、原因は様々ですが、それらの原因で変色してしまった歯を薬剤で白くキレイにすることを
ホワイトニングといいます。

ホワイトニングの方法

ホワイトニングの方法には、過酸化水素という漂白剤を歯に塗って白くする方法(オフィスホワイトニング)、
歯科医院で自分の口に合わせたマウスピースを作り、それに過酸化尿素を注入し、歯に装着して歯を白く漂白する
自宅でできる方法(ホームホワイトニング)
の2種類がありますが、オフィスホワイトニングと
ホームホワイトニングの両方を一度に行う方法もあります。この方法は最も短期間で歯を白くすることができる反面、
費用も相応にかかるのが難点です。また、誰もがどの治療方法でも良いというわけではありません。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-

ホワイトニングの費用

誰もが気になる「費用」。高いのでは? と思われる方も少なくないでしょう。
歯科医院や使用する装置によって値段は異なりますが、約2万~10万円が相場です。
効果はおよそ半年から1年程度なので、白い歯の色を持続させるためには、
定期的にホワイトニングをし続けることが必要です。

そう考えると、自身が支払える範囲内での治療を受けられる歯科医院を選ぶことが得策でしょう。
料金が安くても治療前後の対応が不十分で心配だという所もあるかもしれません。
かかり付けとして利用している人やホワイトニング経験者へ話を聞くのも良いのではないでしょうか。
また、ホワイトニングには保険は適用されません。最低限の治療を国民全員が受けられるようにするための保険ですので、
審美目的とされるホワイトニングには保険は利かないのです。

ホワイトニング効果のある歯磨き粉

「ホワイトニング効果がある」と表示されている歯磨き粉も市場には多く出回っています。
普段使用しているものに比べると多少値段が違ってきますが、週に2~3回使用するものと、
毎日使用できるものの2種類に分かれています。
歯磨き粉で歯が白くなるというのは、あくまで歯の表面に付着した茶渋やヤニなどの汚れを取り除くことなので、
ホワイトニングと同様の効果を得られるというわけではありません。
しかしながら、キレイな歯を保つため、日々のケアは必要不可欠。虫歯を気にする人が虫歯予防を行う割合に比べ、
歯の白さを気にはしていてもそれを実践する人はまだまだ少ないようです。
歯は顔の中でもよく目に付くもの。白い歯で清潔感と明るい笑顔を手に入れましょう。