矯正装置を付けていることを他人に知られたくない。仕事柄、表面の矯正を行うことが困難。
そういう人に適した方法が裏側矯正です。

裏側矯正のお値段

裏側矯正では表側矯正に比べて約1.5倍の費用がかかると言います。
約100~150万円が大体の相場です。歯の裏側は凸凹で形が複雑なため、表側矯正と同じ装置を
使用することができず、患者一人一人の形に合わせた装置を作る必要があるのです。患者一人一人の矯正装置を
オーダーメイドで作るのに、大変な手間がかかるため、装置の費用が高くなります。また、歯の裏側は
見づらいので、歯を移動させるために使うワイヤーの調整にも同じく手間隙がかかります。
そのため、技術料も通常の矯正治療に比べて高いのです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-

裏側矯正のメリット・デメリット

メリットとしては、外側からは見えにくくなっているので、他人に気づかれにくいこと、歯の裏側は虫歯になりにくいこと
などがあります。また、裏側矯正では、装置が固定源となる奥歯を動きにくくするので、前歯が引っ込みやすくなるため、
出っ歯の方には大変効果的です。

しかしながら、慣れるまでには発音しづらかったり、食べづらかったりという難点もあります。
それに、いくら歯の裏側が虫歯になりにくいと言っても、歯磨きを怠ってしまうと虫歯になりますし、歯磨きもしづらいです。
装着の違和感は表側よりも強く、ついつい、気になって舌でつついてしまいそうですね。
また、裏側矯正は治療期間も長くなる傾向があります。そもそも、歯の裏側に装置を装着して矯正治療を行うには、
高度な技術が必要とされますので、歯科医の腕にもかかってくるのです。

裏側矯正の体験談の日記やブログ

インターネットでのブログ公開は珍しくも無いものとなりました。
現在治療中だという方、治療が終了したという方、いろんな方のブログを簡単に見ることができます。
治療経験者の話は、これから治療を行おうとしている方の参考になるでしょう。現在治療中だという方にとっても、
心強い味方であるはず。数多のブログ全てを見るということは難しいでしょうが、大いに参考にすべき「資料」です。

また、経験者だけでなく、歯科医の日記もよく目にします。経験者との目線に多少のズレはあるものの、
治療そのものについての情報や意見など、様々な内容が記してあります。
自分が受けるであろう治療方法がどういったものか、費用はいくらぐらいかかるのか、
治療期間はどのくらいなのか、どこの歯科医院を選択したらよいか、知りたいことは山のようにあるはずです。
治療前に、ある程度の知識を得ることで、未知なる治療に対する緊張や不安も和らげ、
余裕をもって治療に臨むことができるのではないでしょうか。