受け口(反対咬合)とは、上の歯よりも下の歯が前に飛び出している歯並びのことです。
専門的には「下顎前突」といいます。

受け口の原因と治療法

受け口の原因は、「顔の歪み」です。日頃の悪癖が顔の歪みにつながり、受け口の症状を進行させます。
治療時期としては、永久歯の前歯が生え揃う小学校低学年頃に、なるべく早く治療に取りかかった方が
良いでしょう。この時期に治療しておくことで、成長期に受け口の症状を悪化させることをかなりの割合で防止できる
と言われていますそのままの状態で症状が進行すれば、外科矯正により、顎の骨を切る可能性が高くなって
くるのです。不正咬合の早期治療が良いとされている利点としては、成長発育を利用した治療ができるため、
あまり歯の移動をせずに症状が改善されることや、治療法の選択肢が多いことが挙げられます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-

受け口の手術って??

一般的には矯正治療を行うのですが、場合によっては顎の骨を切って動かす手術を行うことがあります。
この手術を行う場合、必ず術前矯正と術後矯正が必要です。受け口の場合は、矯正治療を併用しないと、
なかなか下顎が引っ込まないのです。ともあれ、できることなら外科矯正をせずに済むように、
早期の治療を行う方が良いでしょう。子供が治療を行う場合、治療器具を素直に取り付けさせるのは至難の業です。
その上、外科手術となると抵抗があります。いくら症状が改善されると言われても、親としては承服しかねるものです。

手術が必要となるのは、通常の矯正だけでは十分な治療結果が期待できない重度の症例に対してですので、
基本的には矯正治療で、見た目・噛み合わせなどが良くなります。
また、防止策として、顔の歪みをつくる行為を改善させるよう、生活習慣を見直す必要もあるでしょう。
今も頬杖をついたりしていませんか?

子供の受け口

歯の生え始めである乳幼児期の受け口はそれほど心配する必要はないでしょう
赤ちゃんの受け口は、「前歯反対咬合」と言いますが、多くの場合、前歯が永久歯に生え変わる時、
正常な噛み合わせになるようです。かといって、受け口の可能性がない訳でもありません。
遺伝的要素もあると言われていますが、この段階では正確に判断はできません。
治療を行う場合は、少なくとも小学校へ上がる頃、6歳頃が良いでしょう。
歯の矯正を行う上で、最も大切な骨格バランスを治療できるのが、この年頃なのです。
幼児の頃に矯正治療を行っても、何故こんなことをしなければならないのか、きっと理解できないでしょう。
また、矯正装置を取り付けるのも容易ではないはず。治療は「早ければいい」のではありません。
「適切な時期」があるということをお忘れなく。