すきっ歯とは、専門的には空隙歯列と呼ばれ、歯と歯の間に隙間がある歯並びのことをいいます。

すきっ歯の治療法

叢生(乱杭歯)とは逆に、歯の大きさに対して顎の大きさが大きすぎた場合や、歯の本数が少なかった場合
などがすきっ歯の原因です。通常、すきっ歯は矯正を行う必要はありません
が、人によっては「見た目が気になる」という理由で治療を行うこともあります。
矯正治療のほか、歯の表面を削って薄いセラミックを張るラミネートベニアや、樹脂で隙間を埋めるダイレクトジン、
専門の歯科技工士が製作する長期使用に適したレジンラミネート
など、治療方法は様々です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-

赤ちゃんのすきっ歯は…??

「子供の歯がすきっ歯で気になる」「矯正が必要?」というお母さんもいるでしょう。
しかし、ご心配なく。これが最も自然な状態なのです。乳歯から永久歯への生え変わりの時期、
子供も身長や体重が増えると同じように、顎の骨も徐々に成長していきます。
乳歯の歯と歯の間の隙間は、永久歯の生えるスペースを確保するためのものなのです。
決して異常であるとは思わないで下さい。逆に、乳歯のうちから隙間のない歯並びであるならば、
永久歯に生え変わる際、歯と歯が重なったりして歯並びが悪くなる可能性がでてきます。
今時の子供は顎の骨が小さいので、歯と歯の隙間があまりない子供の方が多いかもしれません。

また、すきっ歯は虫歯になりにくい、とも聞きます。虫歯になれば、その両隣の歯も巻き添えで虫歯になったりしますが、
すきっ歯は隣の歯と接していないので巻き添えをくう心配も多少減ります。かといって、
決して虫歯にならないというわけではないので、歯磨きを怠ってはいけません。
赤ちゃんも、歯の手入れはこまめに行うようにしましょう。

すきっ歯の悪影響

すきっ歯だけでなく、歯並びの悪い状態は、肉体的にも精神的にも苦痛をもたらします
噛み合わせの悪さにより、肩こりや偏頭痛でお悩みの方も多いでしょう。
また、顎の骨のズレは変形を招き、顔面をもゆがませることがあります。ゆがみによって顔つきが変わったりすれば、
当然気になりだします。口元は顔のパーツの中でも特に目立つ部分でしょう。人と話すとき、笑うとき、
歯は見え隠れします。白い歯やキレイな歯並びは好感度をぐんとアップさせます。

では、その逆では・・・?
これをひどく気にして内にこもりがちな暗い性格になる人や対人恐怖症になる人もいるでしょう。
イライラやぼんやり。身体に不調があっても医師の診断は「異常なし」。発音の悪さ。心の不調が大変大きいのです。
変だな、と思ったら、噛み合わせを疑ってみることも必要ですね。