リテーナーとは、保定装置のことです。歯列矯正治療により、歯並びと噛み合わせを整えた後に、
これを安定させ後戻りを防ぎます。

リテーナーの役割

歯の移動が終了した後も歯の根っこの周りの骨はしっかりと詰まっているわけではありません。
よって、骨がしっかりと締まって、新しい歯の位置になじむまで、約一年間、歯を押さえておく必要があるのです。
この装置(リテーナー)は取り外すことができますが、歯を磨くとき意外は常に装着しておかなくてはなりません。
装着するのを忘れたりすると、その間に歯が移動してしまい、再度リテーナーを入れようとしても入らなくなったり、
痛みを伴うこともありますので、十分に注意して下さい。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-

リテーナーの種類

リテーナーには、取り外しできないもの(固定式)と取り外しができるもの(可撤式)とがあります。
固定式のものは1本のワイヤーを歯の裏側に専用の接着剤でつけます。この装置は外からはほとんど見えることはありません。
一方、可撤式のものは、通常は移動した部分を固定する場合が多く、歯裏の歯肉部分は入れ歯に使用されているものと
同じ合成樹脂(レジン)の土台でおおい、外側を太目のワイヤーで囲んで歯を挟むように固定します。
可撤式の利点としては、取り外しが可能であるために口の中を清潔に保てることでしょう。
さらに、可撤式には、歯列全体を透明な樹脂でキャップのようにおおってしまうものもあります。
透明なためにあまり目立たず、歯肉をおおう部分が少ないので、装着にあまり違和感がないようです。

どのタイプのリテーナーを使用するかは、治療前の歯並びの状態や歯の移動量、もちろん患者の好みも含め、
歯科医と相談の上、判断することとなります。ご注意いただきたい点として、リテーナーは壊れやすいということ。
衛生的に保つため、洗浄や除菌は当然必要なのですが、洗っていて擦りすぎて壊したり、
洗浄液に漬けすぎると溶けてしまったり、ということがあります。取り扱いには十分気をつけて下さい。

リテーナーを装着する期間

歯列矯正が成功するのも失敗するのも、リテーナーの装着期間にかかっていると言っても過言ではないでしょう。
歯列矯正後の「後戻り」で悩む人もかなり多いようですね。歯の矯正はここからが本番なのです。
ここからは自己管理能力が問われます。リテーナーの装着期間は、歯の矯正・ブリッジ(ワイヤーやブラケット)
を装着していた期間以上につけるのが一般的です。最低でも1年は必要でしょう。もちろん、個人差もあります。

装着時間は、初めは歯を磨くとき意外は常に装着を要しますが、様子をみて、歯科医の指示により
徐々に装着時間を短くしていきます。また、その間も、2~3ヶ月に1度は通院し、装置の微調整や歯並びの状態の
チェックをしてもらう必要があります。長期の矯正治療後の保定期間で気が遠くなりそうですが、
ここで油断して歯が後戻りしてしまうと、今までの苦労が台無しになることもありえます。
ゴールはもうすぐそこです。頑張って乗り切りましょう!