マウスピース矯正とは、「アライナー」という透明のマウスピースを使用する方法で、1日に20時間以上の装着を
必要とし、およそ2週間毎に装置を交換しながら、歯を少しずつ移動させます。

マウスピース矯正の方法

一般的に知られているマウスピース矯正の方法は、「インビザライン」や「アクアシステム」でしょう。従来型の矯正装置(ブラケットとワイヤー)ではなく、自分で取り外し可能な装置のため、通常通りの食事ができ、歯磨きもしっかりできます。非常に衛生的なものです。さらに、アライナーは透明なので、装着していてもあまり目立ちません。
従来型の矯正装置は見た目が嫌だ、金属アレルギーを持っている、という方にはおすすめの治療方法です。
しかし、抜歯せずに済む比較的簡単な矯正にしか使用できません。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-

マウスピース矯正の費用っておいくら?

矯正治療にかかる費用は、決して安いものではありません。
治療過程や治療を行う歯科医院によっても多少の差はありますが、上下ともに歯列矯正を行った場合の相場は、
約30万~60万円程度です。この中には、診査・診断料、アライナーの調整料などが含まれるところもあります。
また、マウスピース矯正だけではあまり効果が得られないときなどには、
ブラケットとワイヤーを使用する従来型の矯正装置を併用することもあります。
その場合は、当然のことながら別途費用が発生します。
マウスピース矯正は、他の矯正治療の中でも比較的短期間で終了します
とは言っても、装着時間が短かったりすればより良い効果を望めず、その分、治療期間も治療費も増えてしまいます。
治療計画どおりの期間で治療が終了できるよう、患者側も忍耐と努力が必要とされるのです。

出っ歯はマウスピース矯正可能?

「出っ歯をどうにかしたい」と悩んでいる方も多いことでしょう。
しかし、どこでどんな治療を行うのか分からないし、痛いのは嫌だ、と考えているのでは? 
歯列矯正や差し歯など、治療方法はいくらでもあるのですが、マウスピース矯正は簡単で、痛みもほとんどなく、
そして装着していても目立たない、新しい治療方法
です。この方法が可能かどうかは検査が必要です。
出っ張りがひどかったり、歯を大きく移動させるケースには不向きなことがあります。
このようなケースの場合、仕上げのみをマウスピース矯正で行うという方法もあります。
また、装着中、歯の根っこが溶けてしまう場合もあり、その場合は治療中止、歯の連結・固定などを要することもあります。
治療方法については、歯科医としっかり話し合う必要があります。綿密な治療計画を立てた上で、治療を開始しましょう。