Eラインとは、横顔を向いたときの鼻の頭と顎の先を結んだラインのことを言います。
1954年に歯科矯正医のロバート・リケッツが提唱した「美の基準」のひとつです。

理想のEライン

一般的に理想とされる横顔とは、Eラインの上か、やや内側に唇があります。美しい横顔には、
上下の噛み合わせがポイントです。出っ歯や乱杭歯など、歯並びや噛み合わせの悪い「不正咬合」では、
唇がEライン上から極端にはみ出していたり、または、内側に引っ込みすぎていたりするのです。
最近は小顔の人が多くなってきています。見た目はバランスもよく、カッコイイと思う人もいるでしょう。
ですが、小顔になって顎が小さくなったことで、その小さな顎に全ての歯が入りきらないという、
大変な問題が起きています。これは不正咬合の原因の一つです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-

歯列矯正でEラインは治せる…??

歯の大きさと顎の大きさのアンバランスから「不正咬合」となってしまった歯は、
歯列矯正によって歯並びや噛み合わせを改善させることで、「美しい口元」が手に入ると言えるでしょう。
日本人は、歯並びの悪い人が多いと言われています。それでも、欧米人に比べて「口元」に対する意識がかなり低く、
保険適用にならないということもあって、なかなか歯列矯正やその予防も受け入れられない、ということが現状でした。
が、それも変わりつつあるようです。最近では歯列矯正を始める大人が増えているとか。

横顔の美しさはEラインから…

「キレイの秘密」は、やはり口元。雑誌やCMに出てくるモデルやタレントさんの口元を注意して見て下さい。
ほぼ間違いなく、唇がEラインの中に収まっていることに気づくでしょう。
今年度のEライン・ビューティフル大賞は、釈由美子さんが受賞されました。
彼女もきちんとEラインの中に唇が収まっています。
現在、出っ歯や乱杭歯で悩んでいる方もいるのではないでしょうか。
矯正歯科によっては、歯並びだけを治すのではなく、できるだけEラインの中に口元が収まるように、
「美しさ」を配慮したトータルな歯列矯正治療を行うところもあります。
自分の横顔を見る機会はほとんどありませんが、他人の横顔は毎日見ているはず。
キレイな横顔の人がいたら、自分はどうだろう、と考える人もいることでしょう。
口元だけで、顔の表情もガラリと変わってきます。明るい表情は、心の自信の表れなのです。