アクアシステムは、「アクアフレーム」と呼ばれるマウスピース型の透明な装置を付け替えていく矯正治療法です。
透明なために目立ちにくく、取り外しも可能なので、金具を着けることに抵抗のある方におすすめです。

アクアシステム(歯列矯正)とは

従来どおりの方法は痛みや不快感がある、恥ずかしくて人に見られたくない、
などの声も多いようです。特に思春期を迎える子供たちは他人の目を気にする年頃ですから。
日本人は外見を気にします。故に他人の目が気になって仕方ないのです。
笑うことにも話すことにも口元が気になり、隠すために無表情・無口になります。
それを改善させたのがこの治療法です。アクアシステムだと、矯正期間中であっても他人の目を気にせずに
笑うことができる
、という喜びの声が多いようです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-

アクアシステム(歯列矯正)のメリット

アクアシステムのメリットとしては、やはり第一に「目立たない」ことでしょう。
透明な装置を使用するため、矯正治療中だと気づかれることはほとんどありません。
自分で取り外しが可能なので、通常通りの食事・歯磨きもできます。
また、歯並びと同じく歯の色も気になるという方には、同時にホワイトニングを行うこともできます。
通常ならば矯正治療後に改めて行うのですが、アクアシステムで使用する装置はマウスピース型のものなので、
それにホワイトニング剤を注入することで矯正治療と同時にホワイトニングもできるのです。
治療費も従来型の方法より安く、また、通院間隔も数ヶ月に1度で済むことがあります。
(ただし、通院間隔についてはあくまで医師との相談の上です。)
時間に余裕のない方、お仕事で忙しい方におすすめの方法ですね。

アクアシステム(歯列矯正)のデメリット

この治療法は、装置を長時間はめておく必要があります。そのため、短時間しかはめない場合は
より良い効果は望めず、治療期間も更に長くかかってしまいます。
また、抜歯が必要な症状などはアクアシステムだけでは治療できません。
この場合は、従来どおりの治療法と併用するとよいでしょう。歯の移動にブラケットを、
仕上げの段階でアクアシステムを使用すれば、早めにブラケットをはずすことができ、患者の負担も軽くなります。
歯列矯正の治療に踏み込めない一番の理由は、時間がかかること。いくつもの種類の治療方法があっても、
理想の歯並びを手に入れるには時間がかかります。
より良い結果のためには、継続できる「忍耐」が必要なのです。